【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策

昼間太陽が出ている時間に太陽光発電によって電力会社から電気を買わずに利用をすることが出来ます。
太陽光発電で停電対策が出来ますので、もしもの時に安心することが出来るのです。 格安で太陽光発電の導入が完了する予定だったのにも関わらず一般的な工事の倍ほどになってしまったという事例が実際にあります。
屋根をほとんど確認しないで「どんな屋根でも設置可能です」と強引に販売をしてくる業者も大変怪しいと考えましょう。太陽光発電を選ぶ時に注意をしておきたい業者の特徴は、購入者に十分考える余裕を与えなく、契約を急がせるということがあります。
契約書もメーカーや機器の型番などが記載されていなく、いい加減な書類もあるようですのでご注意ください。

 

太陽光発電を導入する前に業者から年間予想発電量を提示してもらったり、確実な納期を確認しておくことは大切なことです。
見積もりをしてもらった時の価格と実際に支払う額が全く異なっているなんてこともあるようです。



【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策ブログ:21-06-25

ミーがまだ小さかった頃、
誕生日に父親が柴犬の子犬を買ってくれました。

フワフワのその子犬をミーはとても可愛がっていましたが、
ある日、リードを噛み切っていなくなってしまいました。

ミーは毎日「帰ってきて」と祈りながら、
子犬の寝ていたダンボールの箱を見ていました。

しばらくして父親が
「もう帰ってこないだろう。片付けるぞ」と言いました。
ミーはもう少し待ってくれるように頼みました。

そして子犬がいなくなって一ヶ月ほどたったある日、
ミーが幼稚園から帰ると、ダンボールの中に子犬がいました。

片目の周りに赤いマジックでいたずら書きをされ、
足に怪我をして帰ってきたのです。
ミーは泣きました。

うれしかったことと、
いったい誰がこんな酷いことをしたのかと思う悔しさとで、
少し大きくなった子犬を抱きしめて泣きました。

それから少しして、
子犬はだんだんご飯を食べなくなりました。

父親は「変だ」と言い、医者に連れて行き見てもらいましたが、
医者に「もう助からないよ」と言われました。
ミーは泣きながら子犬を抱きかかえ、家に帰ってきました。

次の日の9時、子犬は動かなくなっていました。
ミーは冷たくなった子犬を抱いて泣きつづけました。

父親はダンボールに子犬の好きだった物を入れ、
その中に子犬を寝かし、蓋をしました。

その日は幼稚園を休み、
父親と二人でダンボールを持って海に行きました。

茅ヶ崎の海は、鎌倉の海と違って波が荒々しくて、
ミーはあまり好きではありません。

でも父親は「ここでないと子犬は帰れないよ」と言い、
海に子犬の寝ているダンボールを流しました。

ミーと父親は、
子犬が波にゆられていくのをずっと見ていました。

ホーム サイトマップ