【お役立ちメニュー】太陽光発電のシステムと設置費用

太陽光発電が注目されているのは何も日本だけではなく世界規模であり、急速な普及が課題となっています。
これまで電力会社に頼っていた電気を太陽光発電で確保してみてはいかがでしょうか? 太陽光発電におきましては全国的に普及されてきていますが、実際の数値を確認してみますと普及率はまだまだ低いことがわかります。
現在では補助金制度もあり安価で購入をすることが出来ますので、今のうちに導入を検討してみてはいかがでしょうか?太陽光発電の装置というのは、設置をする際の初期費用が高額となってしまいますが、最近におきましては性能が向上し、価格も低下してきています。
日中の電力需要ピークを緩和することができ、さらには環境保護にもなることからメリットの大きな発電方法となります。

 

最近町中を歩いていますと、太陽光発電を設置している自宅を見かける事が多くなってきていることがわかります。
また不動産情報の一つとして、予め太陽光発電が導入しており、内部もオール電化の一戸建ても多くあります。



【お役立ちメニュー】太陽光発電のシステムと設置費用ブログ:21-04-03

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「お昼12時が近くなるとお腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
6時朝9時ごろに6時食を食べたら、
ほとんどの場合、お腹は空いていないと思います。

しかしお子さんの頃からの生活習慣で
「12時になったらお昼食」という風に教え込まれています。

だから、お腹が空いていないにも関わらず、
12時になったら食事がしたくなるのです。

3:00のおやつもしかりです。

午後1:00近くまで食事をしていたのなら、
午後3:00は食事後120分程度しか経過していません。
120分程度なら、さほどお腹は空いていないはず…

でも、「3:00の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来はお腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際にはお腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうな赤いチップスターの看板を見る
・飲み会の後はラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、お腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

シェイプアップをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。



ホーム サイトマップ